ムービースター

シビルウォー【映画】ハルクはどこへ?原作ストーリーから分かること!

シビルウォー【映画】ハルクはどこへ?原作ストーリーから分かること!

2016年ゴールデンウィーク間近に公開される映画「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」。本作は人気マーベルコミックを実写化した作品で、ヒーロー同士の激突の描いた物語となっています。

2015年にもアベンジャーズエイジオブウルトロンが公開され、大ヒットしました。シビルウォーはその続編とも受け取れる内容となっており、アベンジャーズ2.5とも言われています。

シビル・ウォーではアベンジャーズで登場したキャラたちが再び集結し、新キャラなども続々登場します。しかし、いなくなるキャラもいるようです。

シビルウォーで登場するキャラ一覧がコチラ
アイアンマン側とキャップ側のメンバー一覧!!

その一人として、エイジオブウルトロンではいたハルク

本記事ではハルクはどこへいったのか!?映画エイジオブウルトロンや、原作ストーリーから分かることなどを書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

ハルクはどこへ行ったのか!?

シビルウォー ハルク

アベンジャーズの中で最強を誇るハルク。映画「アベンジャーズ」では圧倒的なパワーを見せ、ラスボスをボコボコにしたシーンも印象的ですね。

そんなハルクがシビルウォーでは姿を見せていません。

ハルクを演じた、マーク・ラファロ自身、以下のようなコメントを残しています。

「僕は脚本に入っていたんだけど、後になって僕のキャラクターが外れたのさ。製作側はハルクの居場所や理由を明かしたくないんだよ。僕もまたハルクが近々帰ってくるのかさえ分からないよ」

「製作側はハルクに何が起こったかってことを秘密にしておきたいみたいなんだ。すごく大きなことだからね」

初めの方はシビルウィーでも登場予定だったそうですが、途中で無くなったようです。外した理由とは!?

エイジオブウルトロンから分かること

エイジオブウルトロンでハルクはどうなったのか!?一度振り返ってみましょう。

ハルクはスカーレット・ウィッチの精神攻撃を受け暴走してしまいます。街中で暴走するハルクを止めるため、登場したのがトニー・スタークが開発していたハルクバスター。

映画では「ベロニカ」というコードネームで呼ばれていましたね。そして、ハルクバスターでハルク抑え込むことに成功。

精神攻撃を受けたからといって、自分が街中で暴れ、大きな被害を出したことをブルース・バナーは悔やんでしまいます。

そのあとアベンジャーズのメンバーとともにウルトロンと戦い、勝利。しかし、バナーは戦闘機に乗り、仲間の元には帰ってきませんでした。

仲間が追跡しようにも、ステルスモードにより追跡不可能。このようにエイジオブウルトロンで、ハルクは自らの意志で姿を消しました。

原作ストーリーから分かること

マーベルコミックのストーリーでは、ハルクはどうなっているのかというと…

ハルクは秘密結社イルミナティによって、宇宙に追放されています。イルミナティは各ヒーローチームのリーダーを集めて結成された秘密結社のようです。

追放された理由は、地球上にとどまらせるのは危険だと判断したため。

ハルクは宇宙に追放され、ある惑星に漂着します。その惑星でハルクは剣闘士として戦い…という、ハルクメインのストーリー「プラネット・ハルク」がシビルウォーの時期に展開されているようです。

ハルクメインの映画化が噂されている!?

シビルウォー ハルク どこへ

予想として上記のコメントより、ハルクメインの映画が作られる可能性はありますね。原作でハルクメインのストーリーは「プラネット・ハルク」「ワールド・ウォー・ハルク」の2つあるようです。

コメントより、エイジオブウルトロンで姿を消した後、ハルクに何かが起こったことは確実ですね。

シビルウォーにハルクがいないのは、原作ストーリー通りだと、宇宙で「プラネット・ハルク」という物語が展開されているからなのかもしれません。


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る