ムービースター

デットプール【映画】続編に登場するケーブルとは何者?詳しく解説

デットプール【映画】続編に登場するケーブルとは何者?正体について解説!

デットプール 続編

海外で異色の大ヒットを記録した映画「デットプール」ですが、早くも続編制作が決定しているようですね!そこで本記事では続編に登場すると言われているヒーロー「ケーブル」について詳しく解説していきたいと思います。


スポンサーリンク

ケーブルについて詳しく知ろう!

デットプール 続編 ケーブル

ここではデッドプール続編に登場が噂されるケーブルについて詳しく解説していきたいと思います。

まず、言うまでもないかもしれませんがケーブルはMARVELコミックスのキャラクター。初登場は1990年2月発行の「New Mutants#86」でのカメオ出演であり、次号の「New Mutants#87」にフルでの出演をしていました。ミュータントであり、XメンをはじめXフォース、アスカニ、ニューミュータンツなどのチームに所属しています。

父親はまさかのあの人?!

デットプール ケーブル

本名はネイサン・クリストファー・サマーズ。ここで気になるのは名字のサマーズ。Xメンシリーズが好きな方はピンと来たかもしれません。そう、Xメンシリーズでおなじみのキャラクター「サイクロプス」こと「スコット・サマーズ」の息子なのです。

スコットはジーングレイ(こちらもXメンの主要キャラクター)の死後、ジーンのクローンであるマデリーンとの間にネイサンを授かります。そのため、父スコットのオプティックブラストが遺伝し、ケーブルの左目は発光しているのです。

ここでわかる通りMARVELコミックはさまざまなキャラクターが他のキャラクターと深くつながっているので、これがXメンやアベンジャーズなどの映画を楽しむ大きな要因となっています。

ケーブルの能力と制限、戦闘方法について

ケーブルはサイコキネシステレパシー、2つの能力を持っています。だがケーブルは幼き頃、邪悪なミュータント「アポカリプス(今年公開のXメンの最新作の悪役)」に誘拐され、肉体を機械化するテクノ・オーガニック・ウイルスを打たれてしまっため、サイキックパワーのほとんどをそのウイルスの抑制に使っているのです。

なので、戦闘は銃器を主に使い、また武術も得意とします。ちなみに、ケーブルはMARVELコミックの中でも一目置かれる存在であり、彼のスーパー能力はXメンでもトップクラスと言われているのです。

未来で育ったケーブル

ケーブルは上で書いた誘拐後、アポカリプスに対抗するタイムトラベラー、アスカニに預けられ未来で育ちます。未来では新しい両親に預けられたのだが、アスカニがスコットとジーンの意識をこの新しい両親に移したため、実質スコットとジーンが育てたことになっています。

アポカリプスの地球制服を阻止するために、未来から現代に戻った時には父のサイクロプスより年上になっていました。

ケーブルは子持ち!?

まず「M-Day」と呼ばれる、MARVELコミックスの世界において最も重要なイベントの一つについて説明したいと思います。

スカーレットウィッチ(映画ではアベンジャーズシリーズに出演、マグニートの娘であり、クイックシルバーは双子の弟である)は弟のクイックシルバーにそそのかされ、世界をミュータントが支配する世界へと変えたが、それを知った父「マグニート」は怒り、クイックシルバーを殺してしまいます。

この出来事がスカーレットウィッチを激怒させ、この世界にミュータントは必要ないと考えさせるきっかけとなりました。その結果、スカーレットウィッチは数多くのミュータントを殺してしまいます。この運命の日が「M-Day」と呼ばれているのです。

その後、「M-Day」以降に初めて女性ミュータントが生まれました。この子をケーブルは養子として受け入れ、希望を意味するホープと名付けるのです。

デッドプールとの関係は?

デットプール 続編 ケーブル

デッドプールとケーブルはかなり相性が良いことが有名で、二人が主役の「ケーブル&デッドプール」シリーズが四年近く続いたこともあり、続編では「ケーブル&デッドプール」がファンの間で期待されています。

いつもシリアスなケーブルとおしゃべりで冗談ばかりいうデッドプール、二人のやり取りは映画の見どころになることは間違いないでしょう!


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る